大乗山宝池院 摩訶耶寺 高野山真言宗の寺院です。

大乗山宝池院 摩訶耶寺

高野山真言宗に属する静岡県下最古の古刹の一つ。

庭園と仏像の古刹、摩訶耶寺

 摩訶耶寺は、神亀3年(726) 行基によって新達寺として開創されました。

 富幕山に開創された新達寺は平安時代に千頭ヶ峯の観音岩と呼ばれる場所に移り名を真萱寺へと変え、やがてマカヤ寺と呼ばれるようになり、平安時代末期に一条天皇の勅願により今の場所へと移りました。

 御本尊の厄除正観世音菩薩(秘仏)は奈良時代から今日まで、度重なる兵火・天災から僧たちによって守られ、受け継がれています。

 摩訶耶寺は古くから厄除けの寺として知られ、袋井の法多山、祝田の善明寺の観音様と三姉妹観音で、その長女が摩訶耶寺の御本尊なのです。

 庭園は平安末期から鎌倉初期の日本の中世庭園を代表するもので、座視鑑賞式池泉庭です。

 不動明王像(平安時代末期の作)と千手観音像(藤原時代初期の作)は国の重要文化財に指定され、また阿弥陀如来像(平安時代末期の作)は県の重要文化財に指定されています。

庭園

摩訶耶寺庭園は平安末期から鎌倉初期の日本の中世庭園を代表するものです。

不動明王像

不動明王像は平安時代末期の作です。国の重要文化財に指定されています。

千手観音像

千手観音像は藤原時代初期の作です。国の重要文化財に指定されています。

阿弥陀如来像

阿弥陀如来像は平安時代末期の作です。県の重要文化財に指定されています。

inserted by FC2 system